| TOP | 平 和 | 文 化 | 教 育 | 会館案内 | リンク集 |
 AMDAを通じて人道支援
 同県青年部は、岡山市に本部のある国際医療NGO(非政府組織)・アジア医師連絡協議会(AMDA)の要請を受け、世界各地の災害などで寒さに苦しむ人々が発生した場合の救援物資として、毛布1000枚とタオルケット400枚を収集。この日、石井県知事に目録を贈呈した。この活動が、同県の国際救援物資備蓄事業を理解したものと評価され、感謝状が贈られた。
 同県青年部はこれまでも、中国「雲南大地震」の際に毛布・衣類・カイロなどを贈り(1996年)、ロシアに小児用注射器31万本を届ける(92年)など、人道援助の活動を続けてきた。
 石井知事は「創価学会青年部の皆さんのネットワークとフットワークを生かした人道支援の活動に心から感謝します」と述べた。
 人道支援の活動を讚え、岡山青年部に石井県知事から感謝状
 
 人道支援活動に積極的に取り組む創価学会岡山県青年部(大塚康通部長)に2004年2月17日、石井正弘岡山県知事から「感謝状」が贈呈された(同県庁で)。
Copyright(C) 2005 Soka Gakkai(JAPAN) All Rights Reserved.